看護師を目指した理由

こんにちは。

私は看護師3年目。精神科病院に勤務しています。

どうして看護師になろうと思ったのか?今回はこれをテーマにお話します。

話を辿ると高校1年生のかっち…

私は地元の進学校に通っていました。入学1日目で「あなた達は大学受験を控えた受験生です」と先生から言われます。大学進学率98%ほどで、早々から大学受験を意識させられます。

目指す学部を決めて、それに向け勉強に励むというもの。理系文系の選択など、早期から意識していました。

将来?分からないな!それより部活どれにしよー!?

高校1年生なりに将来を考えるのですが、正直言って分かるわけないんです。

その時点での選択は、親の意向がそのまま反映されると思っています。私の両親も「とにかく手に職を。資格をとりなさい」という考えで、小さい頃からそれを植え付けられてきました。

素直で無知な私は親の言う通り「何か資格をとろう(なんでもいいや)」と思いました。

私はあまり勉強が好きではありません。進学校に入れたのは、ただ強迫的に勉強をしていたので成績が良かっただけで、向上心からではありませんでした。

「どうせ大学に行くんなら、明確な目的を持った勉強だけができる学部にしよ…」

そう考え、看護師受験資格を取る という明確な目的がある看護学部を志望しました。

看護師ならお金に困ることは無いと聞いたのも理由のひとつでした。

それだけの理由なんですよ。よくある「小さい頃入院した経験があって、看護師に憧れた」とかいう感動的な話はありません。

今思えば、その選択は正解だったと自分で認めています。

社会人から看護学校に入り直して…となったら大変。ストレートで看護師になるのが一番コスパがいいです。若い時期から長い期間稼ぐことができます。

大学受験の面接で、看護学部を志望した理由など聞かれますが、そんなものテキトーに言っておけば大丈夫です。

面接官経験のある大人には「嘘言ったらバレるよ!」と脅されましたが、そんな訳ありません…

精神科でいろいろな患者さんと接すると、人は表面的には何もわからないとつくづく思います。

なので、面接ではその場しのぎの設定を作りこんで、暗記していけばよいだけです。

看護師をやりたい理由は、看護師になってから付いてきます。大丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました