看護師の就活って何するの?

こんにちは!看護師のかっちです。

今回は看護師の就活事情をお話したいと思います。

簡単に言えば、一般的な就活と同じことをします。

①病院(または市町村、企業など)について情報収集

②インターンや病院見学会へ申し込み、参加

③履歴書の作成と提出

④面接

⑤合否発表

こんな感じです。一般企業にお勤めの方も、就活こんな流れですよね?

私は新卒で現在の病院に入職したので就活の経験は一度きりですが、友人(転職歴3回)の協力も得ながらまとめていきます。

①病院(または市町村、企業)について情報収集

地元で就職する方は、県内・市内の病院についてを調べます。病院のHPや看護師専門サイト(ナース専科、マイナビ看護学生など)を検索する方法が最初にできることです。地元でしたらだいたいどの病院も名を知っていると思うので、調べやすいですね。

県外で就職する方(上京したい!沖縄に住んでみたい!など)は、情報収集が難しいですよね。

色々なサイトをみてもピンとこないし…。東京って言っても23区がいいかな?どこの地域?など、わからないことだらけになります。私自身もそうでした。

そこで解決できたのは、大手看護師転職サイトの合同説明会に参加することです。私は都内での就職を希望していたので、東京ビッグサイトで行われたマイナビ看護の合同説明会へ参加しました。地方からの参加ですので、遠かった。バス酔いで吐いた。

②インターンに申し込み、参加

上記の合同説明会で、気になる病院が見つかったらインターンや見学会に申し込んでみましょう。失礼かもですが、説明会では病院の良い部分しか見せません。インターンなら病棟に配属して1~5日間、看護師のシャドーをし、実際の雰囲気や欠点が見れるんです。

特に新人ナースっぽい人をよく見てくることを勧めます。あなたに一番近い存在ですからね。新人さんが楽しそうにしているなら良い病院の可能性大です。

また、インターンでは他大学の学生と一緒になることがあります。もし都内の学生さんと一緒になれたら、病院のウワサを何かもってるハズです。すごいチャンスなので、積極的に仲良くなってみましょう。

私も数人と仲良くなり、SNSでつながりました。この病院が実習先という子がいて、いろいろウワサを聞きました♪

遠方からの参加の場合、交通費や宿泊費を病院が負担してくれる場合もあります。ぜひご相談を!

③履歴書の作成と提出

エントリーには履歴書は必須です。フォーマットについては、病院で指定している場合もあれば、自分で用意するように言われる場合もあります。採用担当者に確認をとりましょう。

※履歴書の書き方はコチラ→

履歴書と指摘された必要書類を整え、面接の3週間前には相手に届くように郵送します。書留指定して、きちんと届いたか確認はしましょう。

④面接

いざ面接!リクルートスーツを着て面接会場へ。

※面接対策はコチラ→

思い出話になりますが、面接控室で一緒になった方が、控室で再試の勉強をしていた時は驚きました。私は緊張して面接受け答え集など見ていたのに、、、笑 その方も無事に合格し、今では救急で働いているナースに成長しています。

⑤合否発表

最後に合否発表。多くの場合は郵送または電話だと思います。

看護師の採用試験なんて、よっぽどのことが無ければ落ちません。(都内でも有名な警〇病院や虎〇門病院は狭き門だと聞いたことがありますが…)

いかがでしたか?看護師の就活は、他学部の就活と厳しさが異なります。ゆるいです。ある先生は「社会人としての通過儀礼だ」と表現しておりました(笑)

そして第二新卒や中途の方。転職経験のある友人とまとめてみました。

コチラの記事へどうぞ→

気負わずいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました